コンテンツへ移動

マッハストーム筐体の謎に迫ってみた。

このブログで触れず、Twitterでここ最近マッハストームマッハストーム騒いでいたので、いい加減感想記事を書こうと思っていたところだったのですが、本日たまたまマッハストームの筐体の謎に気づいてしまったため、感想記事より先に筐体の比較記事を書いてしまいます。\

とはいえ、そもそもマッハストームとはなんぞや?という方もかなり多いと思うので、軽くゲームについての説明をば。

machstorm

マッハストームとは、昨年12月からゲームセンターで稼動を開始した体感ゲームで、ジャンル表記はドームスクリーン型戦闘機シューティングとなっており、乱暴に言えば、機動戦士ガンダム 戦場の絆の筐体で遊ぶ一人称視点アフターバーナーみたいなもんです。

詳しいことは公式サイトを見ていただくか、そのうち書くであろう感想記事でも。

ゲームの説明はこれくらいにして、そろそろ本題である筐体の謎について書いていきましょう。

続きを読む…

広告

やっぱり演出シューっていいよね! アスタブリード感想

あけましておめでとうございます。
僕は年明け早々コミケでゲットしてきたゲームで遊んだり、ゾンビをぶっ殺したり、戦車でバンバンしていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
今年は、去年の更新頻度が壊滅的だったのもあるので、遊んだゲームの感想をできるだけ多く書いていこうかなと思います。

AsterbreedTitle

そんなわけで、新年最初のゲーム感想は、つい先日開催されたコミックマーケット85でゲットしてきた3つのゲームのうちのひとつである、アスタブリードです。

本来ならば、今年のゲーム初めに選んだREVOLVER360 RE:ACTORにしようと思っていたのですが、こちらのほうが早くクリアできたという、実にしょうもない事情により、こちらがトップバッターとなりました。
次回はR-360(違)の感想にしたいので、頑張ってプレイしておきます。

ついでに、わりとアレな話なのですが、元々コミケの同ソ(同人ソフト)島でゲームを大量にゲットしようと思っていたものの、その前にミリタリー系の薄い本を大量購入してしまったせいで、ゲームに回せる予算が激減し、結局3本しか買わなかったとかいう非常にアホらしい事態が発生したりしていました。コミケの予算は潤沢に、計画は綿密に立てないといけませんね……
(東側兵器についての本とか、ドイツ連邦軍の対戦車戦闘教本の翻訳本などに吸い寄せられてしまったらしい)

続きを読む…

サイバーフロント解散は朗報なのか悲報なのか

CF
昨日、解散が発表された、洋ゲーのローカライズや、国内中小メーカーのパブリッシングなどを行っていたサイバーフロントについて、備忘録ついでにちょっとばかし書こうと思います。

なお、公式の文章はこちら。
解散のお知らせ(PDF)

続きを読む…

アフターバーナー! 3DアフターバーナーII感想

3DAB2
昨日、Twitterのタイムラインがニンテンドーダイレクトで沸く11時間ほど前に配信が開始されたタイトルがありました。

それが今回感想を書く、3DアフターバーナーII(以下3DAB2)です。
(現在ニンテンドー3DS eShopにて800円で配信中)
公式サイト

続きを読む…

重鉄騎とか鉄騎とか

いくらか質問いただいていたので。
現在、ゲーム機の映像キャプチャ環境に不具合が出てしまっているため、
重鉄騎のDLCミッション動画の投稿は、もうしばらく先になってしまうと思います。

また、鉄騎のほうですが、こちらは主におちんぎん的な意味で、
アップスキャンコンバータ、手元カメラ用のアーム(何があればいいかも少々不明瞭)などの用意がまだできていないため、いつから開始できるか全くわかりません。

そんなわけで、動画投稿は両方ともしばらくはありませんです。はい。

あうあーあーあー? Android版アフターバーナークライマックス感想

ABCicon

昨日、Twitterのタイムラインが3DSに移植されたギャラクシーフォースIIで沸く中、突然配信が開始されたタイトルがありました。

それが今回感想を書く、iOS/Android向けの「アフターバーナークライマックス」(以下ABC)です。

続きを読む…

Strike Suit Zeroでストライクスーツをそれなりに動かせるようになるとこうなる+前回の補足

前回、ストライクスーツを思い通りに動かせるようになればとても楽しいと書きましたが、文字を見ても伝わらなかったと思うので、ちょっと動画を撮ってみました。

これは、ストライクスーツ乗り換え後に始めて戦う場面ですが、敵の数がもっと多いステージなどでは、ミサイル40連発でFLUXゲージを消費し、大量に敵を撃破してゲージ回復、そしてまたミサイル40連発を繰り返す、といったこともできたりと、とてつもない爽快感を得ることができます。
ついでに、前回の記事で書きそびれたものについて、適当に。
続きを読む…