Skip to content

家のどこでも家庭用ゲーム機を遊びたい人のためのSteamホームストリーミングガイド

2014年10月18日

Steam homestreaming 1

どうもお久しぶりです。
気づいたら半年ほど更新をサボっていたことが発覚したので、
せっかくだからと記事を書こうと思い立ってから約3週間経ってしまっていました。

どうでもいいことはさておき、久しぶりの更新となる今回は、
ゲームを遊ぶ環境についてのお話です。

読者の皆さんは、普段家庭用据置ゲーム機で遊ぶとき、
おそらく自室やリビングなどで可能な限り大きなテレビに繋いでいると思いますが、
時には寝転がりながら枕元などで遊びたいと思う方もいるかと思います。
僕自身もそういうタイプなのでフルHDのディスプレイを枕元に配置しています。

とはいえ、誰もがそういった環境を構築できるとは限りませんし、
今回は別の方法でテレビのある場所以外で遊べる方法を紹介させていただきます。

さて、ディスプレイを増設せずに枕元でゲームを遊んで破滅への道を突き進む方法ですが、
Steamのホームストリーミング機能を利用することで簡単(?)に実現できます。

「ホームストリーミングとはなんぞや?」と思われる方もいると思うので解説すると、
この機能は今年の春ごろSteamに正式実装された機能で、
ライブラリにあるゲームを、LAN内の別PCに映像をストリーミング配信するものです。
これにより、十分なスペックのあるPCが1つあれば、
貧弱なスペックのPCでも、最新ゲームでも快適に遊べてしまうのです。

とまあ、この機能をうまいこと使い、家庭用ゲーム機を遊ぼうと思うのですが、
実現のためには必要なハードウェアがいくつかあるので、
まずはそれらを挙げていきましょう。

1.キャプチャユニットとPC

HDMI
ゲーム機の映像をPCにキャプチャするためのアレです。
最近のゲーム機ならHDMIでキャプチャできるやつを用意しておいてください。
僕が使っているものはこれですが、
もう何年も前のものなので、今ならおそらくもっと良いやつがあるかと思います。
当然ですが、キャプチャユニットだけあってもどうしようもないので、
キャプチャするためのPCも用意してください。
区別のため、こちらのPCのことは以下メインPCと書きます。

2.映像を映すためのノートPC or Windowsタブレット(※)

notepc
ああ、やめて!「ディスプレイより高いだろ!」とか耳に痛いことを言わないで!
こちらに関しては、特に高スペックなものが必要ということもないと思いますが、
僕のノートPCは一応Skyrimが遊べる程度のスペックはあるので検証できないため、
近日中に1万3千円程度のやたら安いWindowsタブレットが届くので、そちらでも試したいと思います。
こちらのPCは以下サブPCと書きます。

(※ OSはLinuxやMacでもいいかもしれません)

3.ゲーム機

xboxone
これがなければ話になりません。
(別にXboxOneである必要はありません)

以上が、今回のたくらみに必要なハードウェアです。
ハードウェアの準備ができたところで、次は用意するソフトウェアです。

1.Steam

Steam_logo
ご存知PCゲームの大手プラットフォームのSteamです。
記事タイトルにも書いたくらいなので、使わないわけがありません。
Steamとはなんぞやみたいな話は、あらゆる所に書いてあると思うので割愛します。
まだインストールしていないという方はこちらからDLしておいてください。

なお、メインPCとサブPCの両方にインストールする必要があります。

2.ビデオキャプチャソフト

amarectv
キャプチャしているゲーム機の映像を映すためのソフトです。
キャプチャユニットについていたりもするかと思いますが、
動作を確認できていて、かつフリーというのもあるので、
今回はアマレコTVを使う前提で書いていきます。
こちらは、メインPCのみに必要です。

必要なソフトウェアは以上です。
と、いうわけでようやくですが、実際の作業に入りましょう。
なお、これからの内容は既にSteamを2つのPCにインストール(アカウントは同一)していて、
アマレコTVでゲーム機の映像をキャプチャできている状態を前提とします。

1.Steamライブラリににビデオキャプチャソフトを追加する
メインPCのSteamクライアントのライブラリにビデオキャプチャソフトを追加します。

方法は、下の画像のように、
ウィンドウ上部のゲーム非Steamゲームをマイライブラリに追加を選択し、
steam_add

表示されるゲームの追加ウィンドウで、アマレコTVにチェックをいれ、
選択したプログラムを追加をクリックすれば、ライブラリに追加されます。
(リストになければ参照からAmaRecTV.exeを選択してください)
program

2.ゲーム機の電源を入れる
まだ電源を入れていないなら電源を入れましょう。

3.サブPCでストリーミングを実行

先ほどメインPCにアマレコTVを追加した時点で、
サブPCのSteamクライアントにもアマレコTVが追加されているはずなので、
それを選択し、ストリーミングを押します。
steam_streaming

4.Let’ play!

あとは遊ぶだけです。
LANの範囲内なら家中どこでもご自由に!
Steam_horizon2

と、ざっくりとですが、これにてガイドは終了です。
今回は家庭用ゲーム機を遊ぶのにSteamを使うという暴挙に出ましたが、
僕が試したソフトの中では一番快適だったので今回紹介したというのに過ぎないので、
もっと良いストリーミングソフトなどがあるなら是非教えていただきたいです。

最後に、自分でプレイした感想ですが、
普通にディスプレイに映すのと比較すると、ある程度の遅延はあるので、
シビアな入力が求められるタイトルには向かないかと思います。
(などと書きつつForza Horizon2をやっていますが)

しかし、配線などに縛られず、家のどこでも遊べるというメリットは大きいと思うので、
スコアなどを気にせず気楽に遊びたいときなどはだいぶおすすめできます。

広告

From → ゲーム

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。